徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2014年12月30日火曜日

徳島新聞女性クラブ講演会 姜尚中さん 

2014/11/24付 徳島新聞朝刊暮らし面掲載

「自分が生きてきた物語を次世代に伝える魂の相続をしよう」
と訴える姜尚中さん=徳島市のアスティとくしま
 徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」の第3回トークイベント。政治学者の姜尚中(カンサンジュン)さんが「心の力」と題し、予測できない現代社会を心穏やかに生きる心構えについて講演した。(髙﨑扶美子)

物で心の平穏得られぬ

 人間に一番必要なものは心の平穏だ。株価のように心が上がったり下がったりしていれば、ストレスになる。人は、できる限り平穏な心で家族や親しい人と生活を送りたいと願う。
 私は1950年に生まれた。あのころは、今日より明日、1年後より10年後がもっと良くなると素朴に信じられ、今が悪くても何とかなるという気持ちを共有し合っていた。将来は今よりも良くなっていると思えた時代は幸せだった。少しずつでも確実に上昇しているという感覚が人間を幸せにする。
 ところが、大震災などの災害や株価の乱高下、物価の下落と、この20年間で世界経済も世界の気候も予測できなくなった。リーマン・ショックのように、遠いアメリカで起きたことが、巡り巡って徳島の中小企業を直撃する。地球規模で今の社会は動いている。
 心の問題に関心が集まるのは、グローバル化が私たちの生活を大きく揺さぶるかもしれない中、心の平穏が得にくくなり、どうやれば家族が楽しく幸せな気持ちになる生活ができるのかを考えざるを得ない時代になったからだ。何が起きるかは分からないが、心構えをしておく必要がある。

 夏目漱石は100年前、今私たちが考えている心構えを既に小説にしている。作品で多く取り上げたのは、友人関係、男女の関係、お金の問題。人間の悩みは、この三つの問題とそれに付随する人間関係で、重要なものは言い尽くされる。特にお金は世界を動かし、私たちの不安の種であり、心をかき乱す。小説「こころ」には、お金をめぐって身内にだまされ、人間不信になった主人公が登場する。
 お金で解決できないのが人間の寿命で、人間はいつか死んでしまう。どんなにお金を貯めても、それを棺桶(かんおけ)に持って行くことはできない。ある人の人生の結果として会社とお金が残るかもしれない。でもその人生の物語を捨てて、残った物だけをありがたく受け取るのでは心の平穏は得られない。相続は、肉親の間で資産を受け継ぐことだけではなく、魂や物語を伝えることでもある。
 漱石が小説「こころ」で表現したことはそういうことだ。これから亡くなる「先生」という人が、若い「私」という学生にすべてを話す。「こころ」の冒頭には「私はその人を常に先生と呼んでいた」とあり、何十年か後に、年を取ったかつての学生であった「私」が「先生」の話を誰か若い人に伝えようとしている。伝えられて受け取って、また伝えていく。

自分の物語 次代に伝え

 人間は、自分のことを誰かに覚えておいてほしいと思うものだ。私は、できる限り講演に出向いたり、本を書いたりしている。自分の何かが次世代に伝わっていると感じると、幸せな気分になる。
 一人一人の生命には限りがあるが、それが集まって大きな川のような一つの流れになり、次の世代に伝えられていく。だから誰かがいなくなっても、別の誰かの口を通じてその人は生きる。自分が生きてきた物語を次世代に引き継いでいくことが、その人にとって大切なことなのではないか。

 戦後日本は無我夢中でやってきて、経済大国になり、豊かになった。でも、少しずつ先が見えなくなってじり貧になりつつある。人間は目先のことに目が向きがちだが、魂の相続を考えると、少し心が安らぐ。だから私は、魂の相続をしようと訴えている。来年で戦後70年。何を受け取り、次の世代に伝えていくのか。皆さんに考えてほしい。