徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2015年10月5日月曜日

徳島新聞女性クラブトークイベント 吉行和子さん・冨士眞奈美さん

女性同士の友情、親の見送り、自身の老い−。女優の吉行和子さんと冨士眞奈美さんが出演し、徳島市のアスティとくしまで開かれた「徳島新聞女性クラブ」トークショーは、シニア世代が共感するテーマが盛りだくさんだった。私生活でも仲良しの間柄ならではの軽快な掛け合いと、豊かな人生経験が生む示唆に富んだ言葉で、聴衆を魅了した2人。トークショーの一部を紹介する。(木下真寿美)

「踏み込まないのが友情を長続きさせるこつ」
と言う吉行さん
「人様に対して言葉を惜しまないように」
とアドバイスする冨士さん

■徳島での交流
冨士さん NHKのドラマ「狸な家族」(2013年)のロケで、三好市に1週間ほど滞在した。5月ぐらいなのにウグイスが鳴いていて、東京の人に携帯電話で聞かせた。
吉行さん 映画「人生、いろどり」(12年)のロケで徳島を訪れた。上勝町で高齢の方が葉っぱを売って豊かになったという実話を基にした作品。暮らしが潤っているからか、町中のみなさんがとても優しい。
冨士さん 三好市でも(地元の方が)お昼ご飯や晩ご飯を手作りしてくださり、手作りの梅干しまで食べさせてくださった。本当にいい方たち。
吉行さん 東京から来ると余計にそう思う。人間の触れ合いがあると、そこが懐かしい場所になる。(上勝町では)人の優しさが一番の思い出です。

■女同士の友情
吉行さん (共に親友だった故岸田今日子さんを含めて)3人が仲良くなったのは、山あり谷ありの人生を送ってきて、ちょっと落ち着いたとき。
冨士さん 3人が離婚してすっきりしたとき。(会場笑い)
吉行さん バラバラに生きてきたけれど40を過ぎて、ある意味奇跡的に、磁石のようにぴたっと引き寄せられた。3人とも性格もまるでバラバラ。でも違うところが良かったのかも。「どうしてこんなに長く仲良くしていられるのか」とよく聞かれる。家も近いけれど、絶対に踏み込まない、というのが長続きさせているのかなと思う。女同士が仲が良くなると「どんどんその人のことを知りたい」「一心同体になりたい」と思う。ならないと不満が出てきて、「友達じゃないのかしら」とごちゃごちゃしちゃうことが多い。そうならないように気を付けて付き合っている。
冨士さん 自分のことを話し過ぎたり、話してもらい過ぎたりすると後悔する事態になる。淡くなじむのがいい。(趣味である)俳句を作ると本音が出て「まあ面白い」と思うけど、それは決して普段は言わないの。
女の人が年を取ると親友って大事だよね。もう男の人にはだまされないし。
吉行さん 分からないわよ。オレオレ詐欺とか。(会場笑い)

■海外でもてる
吉行さん (旅行にも一緒に行くが)海外では、この人(冨士さん)がすごくもてる。ハワイでは求婚されたのよね。
冨士さん ロバートさんね。忘れないわよ、最後のプロポーズなんだから。
吉行さん ロバートさんが「私はこの人の子どもが欲しい」とか言い出して。世の中にはいろんな人がいるんだなと思った。(会場笑い)
冨士さん そのロバートさん、孫が17人もいるの。(会場笑い)
吉行さん そんなことも含めて楽しく過ごしてきた。岸田さんがいなくなってからはこうやって2人で寄り添って、年を取りながらも助け合ってやってんのね。
冨士さん 台湾に黄霊芝さんという有名な作家がいらっしゃる。日本語も正確できれい。その方の句会に2人で参加した。その人が私に内緒で「あなたは私の才能を引き出す宝庫です」とかずこっぺに手紙を書いているの。それくらいかずこっぺは思われているの。私とは大違いよ!
吉行さん 彼女(冨士さん)はロバートさんから何十年ぶりのプロポーズを受けた。私にとっては黄霊芝さんからのラブレターは何十年ぶりのラブレター。やっぱり外国に行かなきゃだめね。(会場笑い)
冨士さん 日本の男の人には私たちの良さは分からないわね。
吉行さん 日本では一応は高齢者として立ててはくれるけれど、みんな「若きゃいい」って感じで、それが私たちはとても悲しいのよね。(会場拍手)

■母親との日々
冨士さん あぐりさん(日本の美容師の草分けで、吉行さんの実母の故吉行あぐりさん)が90を過ぎてから旅行を始めて、それが良かったわね。
吉行さん メキシコやネパール、イタリア、いろんなところに行った。子どもの頃から母は仕事をしていて共に過ごす時間がなくて。やっと母が暇になって一緒に海外旅行した。今年1月5日に母が107歳で逝ったが、私はやるだけのことをやったとほっとした。
冨士さん 亡くなって2日してから「あぐりちゃんが逝ったよ」と(吉行さんが)電話してきた。「えー」とびっくりすると詳しく話してくれた。ごく少人数で密葬したと。お棺の中に「あなたがあぐりさんのことを詠んだ俳句を入れておいたわよ」と言ってくれた。電話のこちら側で思わず涙ぐんだ。この人(吉行さん)はすごく乾いてる人なんだけど、今頃きっと寂しいと思うんだ。

■退屈にしない
冨士さん 私たちもいい加減、年。年を取ったら嫌なことはしない。
吉行さん 自分の時間をどうやって楽しくするかを考えればいいと思う。世の中に合わせるのではなく、自分の楽しみって何かな、と。お花やお茶でも、やりたいことがあればやってみて、自分の時間を退屈にしないっていうのが大切な気がする。
冨士さん それと私たちも先が短いので自分のことを分かってもらいたいわけじゃないんだけど、人様に対して言葉を惜しまないようにした方がいい。この人(吉行さん)はちょっと臆病だから言葉を止めちゃうけど、何でも言った方がいいわよ。
吉行さん 分かりました。(会場笑い)